タイピング研究所

タイピングとキーボードに関する考察と情報

未分類

親指シフト入力練習の決定版!!MusicTypingのご紹介

投稿日:2018年8月7日 更新日:

皆さんタイピング練習してますか?私はいつの日にか超速鬼タイパーに進化することを夢見て毎日コツコツ打ち込んで練習しています。

さて、この記事を読んている、親指シフト入門者か親指シフト熟練者の皆さんは、親指シフトの練習ってどうやってされてますか?以前タイピング練習ソフトの紹介記事でも書きましたが、親指シフトの練習ソフトは圧倒的に数が少ないので、練習も直接メモ帳に打ち込むか、キーフックで無理やり出力キーを変えてローマ字入力用のタイピングソフトで遊ぶかのどちらかなんじゃないでしょうか?

しかし、ここについに一つ、親指シフト入力練習にネイティブで対応したWebサイトが現れました。それがMusicTypingです。
今回はMusicTypingの全貌、遊び方、MusicTypingがメモ帳打ち込みと比較して一歩利点がある理由をご紹介したいと思います。

https://music-typing.net/

MusicTypingとは?

MusicTypingとは、YoutubeにアップロードされているMV等の音楽と歌詞に合わせてタイピング練習ができるWebサイトです。数百の音楽がすでにサイトに登録されいて、これらの音楽に合わせてタイピング練習をすることができます。また、Youtube上の動画に合わせたタイピングゲームを自分で追加することもでき、作ったタイピングゲームを公開状態にすれば他のユーザもそれで遊ぶことができます。
遊び方は簡単。トップページや検索から遊びたい遊びたいゲーム(曲)を選択して、プレイページで動画のロードが終わったらスペースを押してゲームをプレイすることができます。

音楽に合わせたタイピングという同様のコンセプトを持つアプリケーションとしては、Flashゲームのtypingmaniaや、typing-tube.netなどがあります。サイトの規模や歴史の長さなどを考えると、他と比べてMusicTypingは遊べる楽曲が少ないなどの問題があるわけですが、それでも他と比べた圧倒的な利点がMusicTypingにはあります。それがかな入力と親指シフトのネイティブ対応です。

かな入力と親指シフトが遊べる

MusicTypingではローマ字入力の他にもなんとかな入力と親指シフトを使って遊ぶことができます。ローマ字入力専門の方にはピンとこないかもしれませんが、これローマ字入力以外のタイパーにはめちゃくちゃ嬉しい利点なのです。
何を隠そう、数あるタイピングゲーム練習サイト、ソフトはほとんどローマ字入力で遊ぶことを前提に設計されています。そんなソフト、サイトでかな入力に対応しているものは本当にごく一部しかありません。親指シフトに対応したソフトなんかもっとありません。というかこのサイトの他に私が把握しているのは2つだけです。それぐらいタイピングソフトがかな入力、親指シフトに対応してくれているというのは嬉しい驚きなのです。

ちなみに、かな入力、親指シフト入力で遊ぶには、ゲーム画面の右上のスパナアイコン → 配列を選択 → OKで変更することができます。親指シフトで遊ぶ際には左親指シフトキーと右親指シフトキーを自分の使いたいアサインに変更することができます。無変換・変換派でもスペース・変換派でも、アサインを固定せずに遊べる嬉しい機能ですね。

初心者に嬉しいガイドキーボードがある

MusicTypingのゲームには、入力スタイルに合わせてガイドキーボードを画面に表示してくれる機能があります。かな入力を練習し始めた最初の頃はキーが何処にあるのかもしっかり把握できずにたいへん歯がゆい思いをするということがありますが、ガイドキーボードで次に入力すべき文字を教えてくれるのは大変嬉しいポイントです。(たんにキーボードだけ表示して、ガイドをOFFにする機能もあります)。
下はかな入力にでガイドキーボードをONにした例です。次に入力すべき文字が何処にあるのかをゲームが教えてくれます。


これは、タイピングゲーム全部に言えることなのですが、タイピングゲームでの練習とメモ帳への文書打ち込みでのタイピング練習には一つ大きな違いが存在します。それは、ゲームシステムが入力すべき文字を事前にすべて把握している、ということです。入力すべき文字を事前に知っているおかげで、何が打ち込まれるのか知ることのできないメモ帳にはないガイドの機能をタイピングゲームは実現することができます。
1つ次に入力する文字をガイドするという機能もその一つです。これはメモ帳での練習では実現できない、タイピングゲームならではの大きな利点と言えるでしょう。

スコアの記録付けとランキング機能

さらに、twitterアカウントかGoogleアカウントでユーザ登録すると、スコア記録機能が利用できるようになります。マイページ → プレイログでこれまでプレイしたゲームのURL,利用した入力スタイル、スコア、タイプ速度などを確認することができますよ。
自分のタイピング記録の管理や、自分の成長の確認などに利用できるのはGoodですね。

ただし、大変残念なことに、このプレイログのページ、表が見切れて表示されてしまいます。一応HTMLコードを読むとデータはきちんと出されているようなので参照することはできるのですが、見るのにHTMLの知識が必要になってくるのはよろしくないですね。
表示上の問題だけなので、HTMLを落としてexcel形式などに変換すればデータをグラフなどでうまいこと可視化することもできるかもしれませんが、ユーザがそれおをするのは大きな手間です。せめてcsvでスコア記録をダウンロードできる機能をつけてもらえないかな?今後の改善に期待です。

終わりに

MusicTypingいかがだったでしょうか?個人的には親指シフト始めたばかりの人にも嬉しいガイドキーボードの機能と、多様なゲームが他のユーザによって追加され新しいゲームがずっと増え続けることで、飽きずにモチベが長く続く感じが魅力的です。
単純タイピングスピードを上げたい方にも、かな入力、親指シフト入力をこれから始めていきたいと考えている初心者の方にもおすすめできるサイトです。ぜひ遊んでみてください。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

テレビの字幕は超速キーボードで付けられていた!ステノワードとは何か

皆さんはステノワードというキーボードをご存知でしょうか?ステノワードとはテレビの字幕入力専用に使われるキーボードです。下の写真のように一般的なキーボードとは異なり文字のためのキーが一段だけ備えられてい …

使わない人は入力速度で大損している!?IMEの単語登録とはなにか

このブログを見ていただいている皆さんの中には、タイピング速度が早くなりたい!とか、もっとブログや書類を書く効率を上げたい!なんて考えている人はたくさんいらっしゃると思います。しかし、タイピングのスピー …

おすすめ無料タイピング練習ソフト&サイト6選

タイピング練習をし始めたとき、一番最初に困るのはどんな方法で練習するか、だと思います。メモ帳に打ち込むもよし、キーボードを空打ちしてイメージを高めるもよし、練習方法は千差万別です。 しかし、この21世 …